社長の呟き 2021年1月~12月号(日本橋倶楽部会報 ”はし休め”より)

はし休め

日本橋倶楽部会報1月号(第496号)

【一月号】                        

「初夢」

 元旦から2日の夜までに見る夢を初夢とし、一年の吉凶を占う。しかし昨年、吉の初夢を見た方々の予想はコロナの為にことごとく外れてしまった。覚醒すると一瞬にして忘れてしまう夢の分析を心の病の治療に役立てようと研究したのがユダヤ系オーストリア人、ジークムント・フロイトである。「精神分析学」を創始した彼は、抑圧され無意識下へ封印された精神的苦痛は病気という形をもって表面化し、それを再認識させることで治癒できると提唱して、「夢分析」や「自由連想法」によりヒステリー患者などの治療を試みた。閑話休題、いつだったかの夢。「日本橋老舗の旦那衆が小料理屋のL字カウンターに居並び、新年会をやっている。順に近況報告をすることになり、私の番が来るが、何故か抜かされ左隣の老舗眼鏡舗のM田社長が話始めた。しかし『2年前に急逝したのでは?』と私が彼に声をかけると、ムッとして席を立ち、暖簾を掻き分け悲しげに去っていく。一同後姿を見送った後、次の人に番が移る。『おいおい、俺はまた無視かよ』と皆に問うが、誰人気付きもしない。『そうか、俺も昨年・・・・・ !』」。この夢の分析はいかに?

本年もご拝読の程、よろしくお願いします。 小堺

 

はし休め

日本橋倶楽部会報2月号(第497号)

【二月号】 

「袖触れ合うも」

新型コロナウィルスの脅威に晒されて早一年。昨年を振り返ると愕然とする事象に気付かせられる。毎年平均十数回は参列する葬儀は一度も無く、結婚式出席は一度だけ。テレビや映画を観ていてもノーマスクか着マスクかで、コロナ前か渦中なのかを見極める習慣が染みついてしまった。かつての木造日本橋を描いた浮世絵の橋上を行き交う市井の人々の姿に「袖振り合うも他生(多生)(たしょう)の縁」の言葉がふと思い浮かんだ。「多生」は幾度も生まれ変わる輪廻、「他生」は自分の過去、未来を意味する。「一期一会」を大切にする仏教の訓えだが、コロナ禍によりこの輪廻転生を感じる機会を全く奪われてしまった。今月は一月の阪神・淡路大震災と三月の東日本大震災の追悼に挟まれた月である。それぞれ合わせて二万五千人近い尊い人命が奪われた。一方、小欄を書いている時点でCOVID19による犠牲者は四千四百名程。人間らしさをことごとく奪い去るこの目に見えない敵に人類は“袖振れ合う”ことさえ許されない。「盃触れ合うも大小の宴」を人生訓として生きてきた小欄にとってこのもどかしさは筆舌に尽くしがたい。     小堺