2022.01~ 安藤優一郎氏の江戸歳時記

安藤優一郎氏
日本の歴史学者。専門は日本近世史(都市史)。
1965年生まれ。千葉県出身。
早稲田大学教育学部卒業。同大学院文学研究科博士課程満期退学。
1999年「寛政改革期の都市政策-江戸の米価安定と飯米確保」で早大文学博士。
国立歴史民俗博物館特別共同利用研究員、徳川林政史研究所研究協力員、新宿区史編纂員、早稲田大学講師、御蔵島島史編纂委員などを務める。

2019年から「絆通信」に毎月コラムを配信。
2022年は江戸の果物①~⑥・ 江戸の菓子①~⑥です。

2022.01 江戸の果物①【栽培が盛んだった果物とは】
2022.02 江戸の果物②【出荷制限が掛けられた果物】
2022.03 江戸の果物③【江戸に出荷された紀州蜜柑】
2022.04 江戸の果物④【豪商紀伊国屋文左衛門は蜜柑を扱った商人ではなかった】
2021.05 江戸の果物⑤【甲州葡萄の登場】
2021.06 江戸の果物⑥【江戸でも栽培された葡萄と梨】
2021.07 江戸の菓子①【長命寺桜餅の誕生】
2021.08 江戸の菓子②【和菓子の日となった嘉祥の日】
2021.09 江戸の菓子③【亥の子餅が配られた玄猪の儀式】
2021.10 江戸の菓子④【将軍徳川吉宗による砂糖黍栽培の奨励】
2021.11 江戸の菓子⑤【薩摩藩による黒砂糖の増産】
2021.12 江戸の菓子⑥【高松藩が開発した和三盆】

2022.01 江戸の果物①【栽培が盛んだった果物とは】

前回までは、江戸っ子が食卓にのぼる野菜を近郊農村に頼っていた様子を取り上げましたが、そうした事情は果物にもあてはまります。近郊農村では江戸向けの果物作りも盛んでしたが、今回からは6回にわたって、江戸の果物にまつわる話を御紹介します。

日本原産の果物としては梨・栗・柿などが挙げられますが、奈良時代に入ると、現在のものとは違うのですが、桃・蜜柑・金柑などが登場します。ただし、当時は貴族社会における贈答用の品でした。梨や柿などは別として、庶民には縁遠い高級品でした。

室町時代には、葡萄・西瓜などの栽培もはじまります。江戸時代に入ると、栽培が盛んだった果物も分かります。8代将軍吉宗の時代に作成された『諸国産物帳』によれば、柿、梨、桃、梅、苺の順で果物の栽培が盛んでした。

その後、宝暦4年(1754)に刊行された『日本山海名物図会』には、大和御所柿や紀州蜜柑がその地域の特産品として挙げられています。奈良では柿、和歌山では蜜柑が特産品だったのです。