2022.01~ 安藤優一郎氏の江戸歳時記

安藤優一郎氏
日本の歴史学者。専門は日本近世史(都市史)。
1965年生まれ。千葉県出身。
早稲田大学教育学部卒業。同大学院文学研究科博士課程満期退学。
1999年「寛政改革期の都市政策-江戸の米価安定と飯米確保」で早大文学博士。
国立歴史民俗博物館特別共同利用研究員、徳川林政史研究所研究協力員、新宿区史編纂員、早稲田大学講師、御蔵島島史編纂委員などを務める。

2019年から「絆通信」に毎月コラムを配信。
2022年は江戸の果物①~⑥・ 江戸の菓子①~⑥です。

2022.01 江戸の果物①【栽培が盛んだった果物とは】
2022.02 江戸の果物②【出荷制限が掛けられた果物】
2022.03 江戸の果物③【江戸に出荷された紀州蜜柑】
2022.04 江戸の果物④【豪商紀伊国屋文左衛門は蜜柑を扱った商人ではなかった】
2021.05 江戸の果物⑤【甲州葡萄の登場】
2021.06 江戸の果物⑥【江戸でも栽培された葡萄と梨】
2021.07 江戸の菓子①【長命寺桜餅の誕生】
2021.08 江戸の菓子②【和菓子の日となった嘉祥の日】
2021.09 江戸の菓子③【亥の子餅が配られた玄猪の儀式】
2021.10 江戸の菓子④【将軍徳川吉宗による砂糖黍栽培の奨励】
2021.11 江戸の菓子⑤【薩摩藩による黒砂糖の増産】
2021.12 江戸の菓子⑥【高松藩が開発した和三盆】

2022.01 江戸の果物①【栽培が盛んだった果物とは】

前回までは、江戸っ子が食卓にのぼる野菜を近郊農村に頼っていた様子を取り上げましたが、そうした事情は果物にもあてはまります。近郊農村では江戸向けの果物作りも盛んでしたが、今回からは6回にわたって、江戸の果物にまつわる話を御紹介します。

日本原産の果物としては梨・栗・柿などが挙げられますが、奈良時代に入ると、現在のものとは違うのですが、桃・蜜柑・金柑などが登場します。ただし、当時は貴族社会における贈答用の品でした。梨や柿などは別として、庶民には縁遠い高級品でした。

室町時代には、葡萄・西瓜などの栽培もはじまります。江戸時代に入ると、栽培が盛んだった果物も分かります。8代将軍吉宗の時代に作成された『諸国産物帳』によれば、柿、梨、桃、梅、苺の順で果物の栽培が盛んでした。

その後、宝暦4年(1754)に刊行された『日本山海名物図会』には、大和御所柿や紀州蜜柑がその地域の特産品として挙げられています。奈良では柿、和歌山では蜜柑が特産品だったのです。

2022.02 江戸の果物②【出荷制限が掛けられた果物】

江戸では初物がたいへんな人気を博しましたが、それは果物についてもあてはまります。よって、生産者の農民側には早めに出荷する傾向がみられましたが、早く成長させるためには、高価な肥料を投入するなどの投資も厭いませんでした。

となれば、その分価格に反映されます。いきおい値段は高くなりますが、それでも争うように買い求められたのが実態でした。
しかし、価格の高騰を嫌う町奉行所は、早くも貞享3年(1686)に出荷制限の法令を発令します。ビワは5月、りんごは7月、梨は8月より出荷を許可するなどと定めましたが、実際は守られませんでした。その証拠に、同じ法令が繰り返し出されています。

なお、『守貞謾稿』という江戸の生活風俗書によりますと、もともと果物は菓子と呼ばれましたが、江戸時代に入って呼び名が変わったそうです。京都・大坂では果物、江戸では蒸菓子などとの比較で水菓子と呼ばれるようになりました。

2022.03 江戸の果物③【江戸に出荷された紀州蜜柑】

今回は江戸の果物の代表格ともいうべき蜜柑をみていきましょう。温暖な地域の特産物であることは今も同じですが、江戸っ子にとり最も身近な蜜柑の産地は紀州でした。

農学者として知られた大蔵永常が著した『広益国産考』によれば、紀州から三都に出荷された蜜柑は年間で150万籠にも達したといいます。1籠に何個入っていたかは分かりませんが、ゆうに1000万個は越えたでしょう。

紀州蜜柑は、戦国時代にあたる天正年間(1573~93)に肥後国の八代から紀伊国有田郡に蜜柑が移植されたのがはじまりです。土地柄にも合って美味な蜜柑が出来たことから、紀州全体に生産が広まります。

江戸初期、紀州の国主は浅野家でしたが、大坂夏の陣の後に広島へ転封されると、徳川家康の10男頼宣が新国主となります。紀州徳川家の誕生です。初代紀州藩主となった頼宣は有田産の蜜柑を気に入り、その増産を奨励したため、紀州蜜柑の生産は飛躍的に高まります。

江戸をはじめ三都に大量に出荷されたことで、蜜柑の価格は自然と安くなりました。こうして、上流階級の贈答品だった高級果物の蜜柑は大衆の果物に変身するのです。

2022.04 江戸の果物④【豪商紀伊国屋文左衛門は蜜柑を扱った商人ではなかった】

紀州から海上輸送された蜜柑は、まず日本橋四日市町の広小路に水揚げされます。そこで開かれていた蜜柑市を通じて果物を扱う商人の手に渡り、食卓に届く流れでした。紀州蜜柑は他の蜜柑に比べると皮が厚く、美味という評判を得たことも相まって、江戸でトップシェアの座を獲得します。

紀州蜜柑といえば、豪商紀伊国屋文左衛門の伝説が有名です。嵐の中を船で紀州蜜柑を大量に運び、高値で売り捌いて大儲けした話ですが、そのエピソードを証明する確かな史料は残されていません。

実際は蜜柑と関係なく材木商人として財をなした人物でしたが、紀伊国屋という屋号に注目して文左衛門と紀州蜜柑を結び付けた小説が創作されたことで、その伝説が生まれたのが真実のようです。

明治に入ると中国から入ってきた温州蜜柑の栽培が広まったことで、江戸改め東京での紀州蜜柑のシェアは低下します。やがて、トップシェアの座は温州蜜柑に奪われることになります。

2022.05 江戸の果物⑤【甲州葡萄の登場】

蜜柑の次は葡萄を取り上げます。室町時代から日本で栽培されはじめた葡萄は、江戸時代に入ると甲斐国なかでも勝沼が最大産地として台頭します。元禄8年(1695)刊行の『本朝食鑑』中の葡萄の項には、産地としては甲州が最大で、駿河がこれに次ぐ。ともに、江戸に送られたという記述があります。

それだけ、蜜柑と並んで江戸では人気のあった果物でした。そして甲州から大量に出荷されたことで価格は安くなり、高級な果物から大衆の果物に変身していきます。江戸での大需要を受けて増産された結果とも言えるでしょう。

甲州の葡萄は、勝沼宿の問屋から神田の青物市場へと直送されました。神田青物市場は江戸城に新鮮な野菜を納める義務を幕府から課されていましたが、葡萄の献上も義務付けられます。

つまり、献上分の以外の葡萄を余剰分として販売することが許された格好でした。その後、水菓子問屋を介して市中に販売されていくのです。