社長の呟き 2020年1月~12月号(日本橋倶楽部会報 ”はし休め”より)

はし休め

日本橋倶楽部会報1月号(第485号)

【一月号】

西部劇「シェーン(1953)」主演の“アラン・ラッド”はアジア初のオリンピックが東京で開催された年の1月、自殺未遂後の薬物過剰摂取により50歳で亡くなっている。「シェーン カムバック!」荒野にこだまする少年の声を背に、白馬に跨がりながら息絶えて行くシェーンに幕が下りても座席から立ち上がれなかった方も多かったことだろう。この後、“ラッド”はこのラストシーンのような短く淋しい俳優人生を送ることになる。親友で名優の“ロイド・ノーラン”はスクリーンでは大きく見える“ラッド”が実は身長168㎝、主役男優としては致命的であったと著している。「島の女(1957)」では“ラッド”が主役にも拘らず、174㎝の肢体の持ち主、“ソフィア・ローレン”がセンセーショナルなデヴューを果たした。彼は馬上のヒーローでしかありえなかった。また少年役だった“ブランドン・デ・ワイルド”も期待されながら1972年、“ジェームス・ディーン”(1955 24歳没)のように自動車事故により30歳の若さで亡くなっている。一方、冷徹な殺し屋役の怪優“ジャック・パランス”(87歳没)は1991年のアカデミー助演男優賞を見事に撃ち取っている。嗚呼、なぜ名優たちは映画のような数奇な運命を辿るのだろうか? 小堺